学校の森・子どもサミットの概要|現在の活動は?

学校の森・子どもサミットの概要

森林の大切さなどを子どもに伝える「学校の森・子どもサミット」。

農林水産省の林野庁が開催しているイベントですが、現在は活動していないという噂もあり、実態が気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は学校の森・子どもサミットの概要や活動についてご紹介します。

学校の森・子どもサミットの概要

引用:学校の森・子どもサミット:林野庁

学校の森・子どもサミットとは、全国に森林環境教育の活動の輪を広げることを目的に、平成26年から開催されている林野庁のイベントです。

全国の児童や先生を集め、身近な森林を活用した体験・教育活動を行い、子どもたちの「生きる力」を育んでいます。

毎年全国から約300人の子どもや教員が集まり、各地域の森林に触れ学びます。

ただ勉強するだけでなく、事例発表やトークセッションなども行われます。

⇒学校の森・子どもサミットの公式サイトはこちら

過去の開催場所はどこ?

学校の森・子どもサミットは毎年異なる場所で開催されています。

過去の開催では以下の場所で行われましたよ。

長野県

令和元年は長野県で開催されました。

福井県

平成30年は福井県で開催されました。

詳細はEICネットにて確認できます。

愛知県

平成29年は愛知県で開催されました。

宮城県

平成28年は宮城県で行われました。

詳細は環境☆北海道ナビで確認できます。

岡山県

平成27年は岡山県で開催されました。

詳細はリセマムメンバーズ教育家庭新聞で確認できます。

東京都

第一回である平成26年は東京都で開催されました。

イベントの写真や詳細は環境らしんばんに掲載されています。

現在は活動してる?

学校の森・子どもサミットは平成26年から令和元年まで、年に一度開催されていました。

しかし、令和元年11月以降は活動報告がありませんでした

新型コロナウイルスの影響とも考えられるので、情勢が落ち着いたらまた開催されるかもしれませんね。

関連行政一覧

学校の森・子どもサミット実行委員会は、

で構成されています。

省庁、教育・環境関連団体、企業など、より多くの視点から環境教育の課題について考え、環境教育の輪を広げる事業です。

コメント

    タイトルとURLをコピーしました